お問い合わせ Facebook ブランドサイト 秘密 技 店舗 メルマガ ギフト クッキング

Home > 季節の贈り物のマナー

お中元とお歳暮

日本独特の習慣の一つとして、「お中元」と「お歳暮」があります。
家族や親戚、お世話になっている方へ年に2回、夏(お盆まで)と冬(年末まで)に贈り物をする行為、または品物のことを指します。
弊社でもお中元・お歳暮時期にはギフトセットをご用意致しまして、たくさんのお客様にご愛顧いただいております。
さて皆さん、お中元とお歳暮の本来の意味をご存知ですか?

お中元とお歳暮のはじまりは?

★お中元

日本には元より、御霊祭といって1年を2回に分けて先祖の霊を迎えてお供え物や贈り物をするという習慣がありました。
それに加えて古代中国より道教の*「三元」の日にあたる中元(7月15日)が仏教の盂蘭盆会(いわゆるお盆)と重なったことからも贈答習慣が盛んとなり「お中元」と呼ばれるようになりました。
*「三元」…上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)からなり、古代中国の道教ではこの「三元」の日に天神を祭るという三官信仰がありました。

★お歳暮

中元と同様に御霊祭を起源とし、新しい年を迎えるにあたって年神様にお供えするために分家から本家へ、嫁ぎ先から実家に持ち寄るようになったことが始まりです。文字通り、年の暮れに贈られることから「お歳暮」と 呼ばれるようになりました。
※どちらも、江戸時代には庶民層の間でも普及していた、と言われています。

★贈答時期は?

お中元・・・関東では6月末〜7月中旬、関西より西では7月末〜8月上旬までに。
お歳暮・・・全国的に12月初旬〜年末までに。

★お返しは?

お互いに贈り合ってお返しをするのが習慣となっていますが、お返しをしない場合でも、届いたその日に電話やお礼状で感謝の気持ちをお伝えください。
最近では、このような贈り物の習慣を不要と考える人も増えていますが、今までは贈ったことがないという方もぜひ、お中元やお歳暮の機会に日頃からお世話になっている方へ皆さんの感謝の気持ちを届けてみてはいかがですか。